医院紹介の解説

ホーム>医院紹介

医院紹介

地域で唯一の最新設備(CT)

一度で成功させる可能性を高めるCTスキャン

まず、診査項目にCTスキャンが含まれているかどうかを確認しましょう。

CTスキャンとは、X線を用いてさまざまな角度から人体内部を立体的に観察する装置のことです。
口の中とはいえ、インプラント治療は外科手術のひとつ。
人工歯根(インプラント体)の本数や長さ、位置、埋入角度などのインプラント設計を決定するためには、とても正確な診査データが必要になります。


私たちの顎の内部には、空洞があったり神経が通ったりしているので、インプラント治療の際は、これらを傷つけないように注意しなければなりません。さらに、インプラント治療に必要な骨の量があるかどうかも術前に確認する必要があります。

CTスキャン診査から得られたデータがあれば、手術の精密な事前シミュレーションを3次元的に行うこともでき、よりいっそう手術の成功率を高めることができるのです。


従来のレントゲン写真による診査では、顎の平面の形しか把握できず、切開してみてから基盤の骨が足らなかったことが発覚し、手術が成功せず、つらい思いをされた患者さんもいらっしゃいました。が、CTスキャンできちんと事前シュミレーションを行えば、その点も回避することができるのです。




最新設備



最新設備2



最新設備3



CTスキャンが診査項目にあっても、クリニックにはその設備がないケースもあります。より成功の可能性を高めたいのであれば、CTスキャンをクリニックに設置しているクリニックを選びましょう。というのも、事前シュミレーションはもちろん、手術中でも、きちんとシュミレーション通りに人工歯根が埋め込まれているかを確認することができるからです。万が一ずれていたら、その場で再度やり直すことも可能です。歯茎という見えない部分の手術は不安なもの。それができるだけ軽減できるクリニックを選びましょう。

最新設備4
術前のCTスキャン画像。
インプラントを入れるべきところがわかります。

最新設備5
術中のCTスキャン画像。
人工歯根がしっかり埋め込まれているのがわかります!


専用のオペ室

専用のオペ室

クリニックにインプラント専用手術室があるかどうかも、重要なチェックポイントのひとつです。というのも、歯や入れ歯を削ったりする診療台が隣にあれば、微少な削りくずや細菌が飛散し、感染源となる可能性があるからです。
インプラント手術は顎の骨に人工の歯根を埋め込んで骨に結合させる、高度な人工臓器移植手術です。手術中に万が一感染症を引き起こすと、人工歯根と骨がうまく結合しない場合もあります。

そのためにもインプラントの手術は、一般診療区画から完全に隔離された、クリーンなインプラント専用手術室で行うことが大切なのです
もう一度食べることを楽しむための手術で、大切な口の中が悪化したのでは元も子もありません。自分の身は自分で守る。そのためにも厳しい目でチェックするようにしましょう。

安全清潔な医療

うえはら歯科では多くのディスポーザブル製品を使用しています。
安全な医療という面では、医療器具を「患者さまごとに使い捨てにする」ことほど安全なものはありません。

うえはら歯科では、患者さまごとに手袋を交換しています。使い捨てにできない機器は、多くの最新滅菌機械を用いて対応しています。
また、プラスティック製品はガス滅菌にかけています。

安全清潔な医療 安全清潔な医療2

うえはら歯科では、安全で清潔な医療を徹底して行っておりますので、どうぞご安心ください。


デンタルコーディネーター

当院ではデンタルコーディネーターが患者の皆様一人一人の声をしっかりお聞きして治療させていただいています。

コーディネーターは治療の内容や期間、費用など患者のみなさまの立場に立って医師と患者様の橋渡しをする役目を担っています。
わたくしたち「うえはら歯科」は医療に大切なコミュニケーションを重視しています。

デンタルコーディネーター デンタルコーディネーター2

院内紹介

院内紹介


院内紹介3


院内紹介5


院内紹介7

院内紹介2


院内紹介4


院内紹介6


院内紹介8




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional