インプラント 広島のうえはら歯科への解説

ホーム>インプラント 広島のうえはら歯科へ

インプラント 広島のうえはら歯科へ

うえはら歯科の思い

私たち、うえはら歯科の思いを形にしてみました。
私たちの熱い思いを、感じていただければとてもうれしく思います。

私たち、うえはら歯科はこの焼山にて1997年医院を開設しました。
開業以来12年間で7000名の患者さまにご来院いただき、本当に感謝しています。
この12年間は予防医療を提唱続け、多くの患者さまに受け入れていただきました。
21世紀は、医療が病気の治療から、その予防へと大きくシフトしてきています。
私たちの提供している医療への思いが、みなさまに少しでも多く伝わることができたらとてもうれしいです。

インプラント治療ってなに?

歯とは、口を開けたときに見えている部分(=歯冠)と、歯茎の中(=歯根)から成り立っています。もしもこの歯がなんらかの原因でなくなってしまったとき、それを補ってくれるのが、入れ歯やブリッジ、そして最近急速に普及しているインプラントです。
入れ歯やブリッジは、失った歯の歯冠部分だけを補いますが、インプラントは歯冠も歯根も取り付けるので、本物の歯のように仕上がるのが大きな特徴です。

インプラント治療では、まず人工の歯根を顎の骨に埋め込んで骨と結合させ、その後、人工の歯根の上に、人工の歯冠を取り付けていきます。本来の歯と近いかたちで再生させるため、治療後は天然の歯と同じように噛むことができます。
そのため、今まで不満や悩みの種となっていた食事の時間が、また楽しめるようになります。食べて健康を取り戻す、そして見た目の美しさも復活させる治療、それがインプラントです。

画像の説明

歯科治療の口コミや評判が気になる方へお勧めなのが以下のサイトです。

画像の説明

インプラントは自然な歯とほとんど同じ人工の歯です

インプラントとは、虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって、失われてしまった天然の歯を、補うための治療方法のひとつです。インプラントと呼ばれるチタン性の人口歯根を埋め込むことで、天然の歯とほぼ変わらない外観と機能を両立する優れた治療法です。

画像の説明

ブリッジや入れ歯と比べて優れた部分が多いインプラント

画像の説明

ブリッジは隣の健康な歯を土台とした治療法のため、インプラントと比べると隣の健康な歯まで、虫歯にしてしまう可能性の高い治療法です。
その点インプラントは、隣の歯を削ることが無いので、健康な歯を保つためには非常に有利な治療法です。
また、入れ歯は、徐々に顎の骨がやせていくという弱点がありますが、インプラント定期的なメンテナンスにより非常に長持ちし、何十年も使用を続けることも可能です。費用の面から考えると、インプラントは割高な治療と見られがちですが、上記の様にブリッジや入れ歯では、他の歯や顎の骨にまで悪い影響をあたえてしまうため、結果としてインプラント長期的に見ると低コストになる場合が多いのです。


インプラント

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional